透析医師求人サイトランキング

TOP >> 透析医師求人の基礎情報 >> 透析医師の役割

透析医師の役割

「透析医は魅力がない」と感じている研修医も多く、透析医として一本でキャリアを作っていく人生に疑問を感じる若手も多いかと思いますが、いかがでしょうか? ただ、透析医を自分の道と定めて、頑張っている先生もたくさんいる事実を考えると、透析医にも何か大きな魅力があるのだと想像ができます。 そこで今回は、慶応義塾大学医学部が学生に向けて作成したホームページの情報を参考に、透析医師の役割を考えてみたいと思います。

透析医の役割は、チーム医療のリーダー
透析医の役割はチーム医療のリーダーだと考えられています。現場で働いている先生からすれば、実感として全く違うと感じるかもしれませんが、少なくともチーム医療のリーダー的な役割を果たせる可能性が十分にあります。 例えば腹膜透析では、看護師や医学療法士、栄養士などとチームを組んで、皆をリードしながら医療行為を行いますし、大病院では透析室や透析医療は常に重要な役割を果たしています。 急性の血液浄化から慢性の維持透析患者のケアに至るまで、透析医の守備範囲は広く、そのさまざまな場面でリーダー的な役割を背負っているのです。心の置きどころ1つで、非常にやりがいのある仕事かと言えます。

一般内科医の臨床経験も求められる
一方で透析医は、一般内科医としての臨床経験も求められます。透析患者を管理する際には感染症の知識は不可欠ですし、合併症に関する深い知識も必要です。透析患者を本当の意味で管理するには、一般内科医としての臨床経験・知識が問われます。 さまざまな科との連携も不可欠なので、守備範囲も広く勉強しなければいけません。その意味で向学心に燃える先生からすれば、非常にやりがいと能力の求められる仕事だとも言えます。

以上が、透析医師の役割の大まかな説明ですが、いかがでしたでしょうか? これから自分の専門を決めていく過程にある研修医の方や、医局を抜けて民間の病院に転職を考えている先生も含めて、改めて考えてみたいですね。 高齢社会に突入している日本では、高齢患者の増加とともに今後は透析医の活躍の場所がますます増えていきます。現に今でも各医療機関で引っ張りだこの状態で、厚生労働省のデータによると、全国で434人の透析医が不足していると言われています。 求人も多く高い給料や待遇を用意してくれる医療機関も多いです。そういった意味でも魅力的な立場と言えるかもしれません。 将来の道を考えている方は視野を広く持ってみてください。透析医のやりがいを見失い掛けている先生は、一度初心に帰ってみるといいかもしれません。

透析医師求人サイトランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>透析医師の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 透析医師求人サイトランキング All Rights Reserved.