透析医師求人サイトランキング

TOP >> 施設別・エリア別の透析医師求人 >> 東京の透析医師求人

東京の透析医師求人

東京は他の自治体と比較して病院もクリニックも多いので、自然と透析医の働く場所も多いような気がしますが、実際はどうなのでしょうか? そこで今回は、日本透析医学会や医師向け転職エージェントの公表する情報を参考に、東京の透析医師求人の状況を考えてみたいと思います。

透析医師ニーズは極めて高い
結論を先に言いますが、予想通りと言いますか、東京での透析医ニーズは高いです。
その理由は主に2つあり、
透析を行っている医療機関が多い
透析を慢性的に受けている患者の数も日本一多い
という現状があるからです。2つの理由は表裏一体なので、1つにまとめてもいいのかもしれませんが、重要な話なので少し補足したいと思います。

■1:透析を行っている医療機関が多い
東京は人口が最も多い自治体なので、当然医療機関の数も一番多くなっています。しかも数だけではなく、
・国公立病院(国立病院機構、東京都病院経営本部の病院)
・民間の病院(大学病院、総合病院)
・透析クリニック
など、いろいろな形態の医療機関が混在しており、そうした医療機関から透析医の求人が出ています。
大手の転職エージェントに公開されている東京都の透析医求人を見ても、2014年4月25日現在で123件の募集が出ている状況です。1人の希望者に123カ所以上の選択肢があるのです。決して少なくはないと思います。

■2:透析を慢性的に受けている患者の数も日本一多い
日本透析医学会の発表を見ると、2012年の時点で東京都には29,778人の慢性透析患者が居たと分かっています。その数は他の自治体と比較しても圧倒的です。
病院数が多く、人口も多いので当然患者の数も多いのですが、その分だけの医師をどこも確保しなければいけないので、人材の奪い合いが起こっている状態です。


以上が、東京の透析医の求人状況ですが、いかがでしたでしょうか?ニーズが極めて高いのにもかかわらず、一部の都心部の大病院を除いて、ほとんどの医療機関が透析医の不足に困っている状況です。
ご存じの通り、高齢社会の影響で、毎年透析患者は増えています。その状況下で透析医を獲得しようとどの医療機関も、かなり好条件で募集を掛けています。厚生労働省が平成22年に発表したデータによると、東京都の腎臓内科医は40.2人不足しているという数字もあります。透析医からするとチャンスです。この際、少しでも自分を高く売り込むためにも、転職エージェントなどに登録して、専属のキャリアコンサルタントの仲介で高い年収や理想的な勤務体系を手に入れてください。

透析医師求人サイトランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>透析医師の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 透析医師求人サイトランキング All Rights Reserved.