透析医師求人サイトランキング

TOP >> 施設別・エリア別の透析医師求人 >> 透析クリニックの医師求人

透析クリニックの医師求人

透析医の勤務先は、医局や総合病院だけではありません。透析クリニックという選択肢もあります。実際、透析クリニックからの人材ニーズは高いですし、総合病院よりも場合によっては高い給料を約束してくれるので、透析医にとって魅力的な選択肢だと思いますが、いかがでしょうか?ただ、メリットもあれば必ずデメリットもあります。転職を考える前にはその辺りも知っておいた方がいいです。そこで今回は、透析クリニックに転職する際の注意点をまとめたいと思います。

患者数とスタッフのバランスが悪いクリニックは避ける
ご存じの通り透析の現場では、何もなければ主な作業は技師さんや看護師さんが行ってくれます。上手くいけば午後5時の定時には帰宅できる場合もあるはずです。
しかし、利益に走る透析クリニックの場合、スタッフの数に関係なく患者を詰め込むように取っているので、現場が大混乱をしている可能性があります。患者数が多ければ急変の回数も増えますし、急変があれば医師が動くしかありません。
転職時に提示された勤務時間では9時から17時までと決まっていても、なし崩し的に勤務時間が延長されていったり、当直の回数が増えていったり、オンコールの回数が増えていったりするクリニックは存在します。まして、人材の不足している透析業界です。全国的に434人不足しているという厚生労働省の計算もあります。
一部の大学病院や都市部の総合病院を除いて基本的に透析医は不足しているので、自分の入ったクリニックが人材不足で混乱している恐れも高い確率であります。さらに自分が入った後に他の先生がやめてしまって、自分の負担が一気に増えてしまうなどの恐れもあります。
透析クリニックは千差万別なので、可能な限り環境のいいクリニックを選んでください。たいへんな目に遭うかもしれません。

転職エージェントを利用してみる
大学病院や都市部の総合病院は別として、透析クリニックに転職する場合は、医師向けの転職エージェントは利用した方がいいです。
そもそもエージェントを使わなければクリニックの求人情報は集められないですし、転職エージェントのキャリアコンサルタントが握る情報が役立ちます。彼ら・彼女らは各クリニックの現場状況を調査してくれているので、転職前に現場の雰囲気を事細かに教えてもらえるからです。
登録も利用も完全に無料ですし、使ったからといって特にデメリットはありません。透析クリニックに転職を考えている先生は、利用を検討してみてください。

以上が、透析クリニックに転職する際の注意点とポイントです。いかがでしたか?転職をきっかけに満足のいく仕事環境と年収、QOL、やりがいを手に入れられれば最高ですよね?そのための助けに転職エージェントはなってくれるので、利用してみるといいかもしれませんよ。

透析医師求人サイトランキング!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>透析医師の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 透析医師求人サイトランキング All Rights Reserved.